援助交際をしてみたい人の為にメリットとデメリットについて紹介

あなたは、「援助交際」をしてみたいと思いますか?
そうはいっても、間違えて未成年に手を出してしまえば、警察に捕まるといった意識を持っている人も多いと思います。
確かに、「援助交際」は、未成年に手を出せば法律に触れてしまいますが、成人同士が同意の上で関係を持つなら、法律に引っかかることはありません。

なので、成人同士であればお金を渡して体の関係を持つということは、処罰にあたらないので安心して出来るという人もいるのではないでしょうか。では、そんな「援助交際」のメリットデメリットを見ていきましょう。

「援助交際」のメリット

まず、メリットとしてはお金で体の関係を持てることですよね。
性欲は男性だけじゃなく女性ももちろんあるので、男性が女性にお金を払う形以外でも女性が男性にお金を払って体の関係を持つ場合もあります。

「逆援助交際」とも呼ばれたりしますが、やはり性欲は男女問わず持っていて、それを満たすことが出来るのは最大のメリットになるでしょう。
それも、周りの人に「セフレが欲しい」ということを話してセフレを見つければ、お金もかからないかもしれませんが、まずそんなことを周りに言えば、変な人だと思われて信用問題に関わってきます。

なので、「援助交際」相手やセフレが欲しいなら、まずはネットでそういう相手を求めている人が集まるサイトを利用するといいでしょう。
自分と同じ思いを持っている人ばかり集まるので、セフレが欲しいなんてプライベートな思いも普通に伝えることが出来ます。
なので、「援助交際」がしたいと思っても、そういうサイトを使えるメリット、そしてそういう関係が持てるメリットがあります。

「援助交際」のデメリット

では、デメリットにはどんなことがあるでしょうか。
ケースによって違うので、必ずしもそれがデメリットになるとは限りませんが、まず出会った相手とのトラブルが考えられます。
過去にあった例では、成人だと思って会った相手が、セックスをした後に未成年だと伝えられ、バラされたくないならお金を出せと脅されたということがあったようです。

他にも色々なケースが考えられますが、お互いに純粋にセックスがしたい同士の出会いじゃなく、そうした相手を利用しようとする人と会うと、面倒なことに巻き込まれることも考えられるので、まず出会う前に相手は出会っても大丈夫な人かを知ってから会いたいものです。また、払うお金が自分の思っていた金額よりも高い金額を提示されたり、出会った相手が自分のお金ばかり使おうとするお金のリスクもあるので、やはり相手を慎重に見極めてから選ぶ事がポイントになってくるでしょう。